人気ブログランキング |

ウラギンスジヒョウモン

6月末に、山を歩きまわって、湿地の上をフワフワと飛んでいた個体をネットイン。
ツマグロヒョウモンかな〜と、確認してみると、ウラギンスジヒョウモンでした。
周りには、ツマグロヒョウモンも飛んでいて、たまたまネットインしたのが、ウラギンスジヒョウモンだったという幸運。
1頭だけ採集しました。









a0361610_13094574.jpg










ヒョウモン類は、なかなか見分けがつきにくいですね。

a0361610_13104370.jpg

Commented by ひかり at 2017-10-22 18:28 x
度々失礼します。これは羨ましいです!私は未採集です。ウラギンスジは、なんとなく出会えるやろと思ってて、出会えていません。クモガタも本気で確実にいそうな場所まで出かけましたが、どうやらウラギンスジも本気で狙わないと私には採れなさそうです(笑)。♀、大変よいですね!いい記事見せていただきました。
Commented by adadamusi at 2017-10-23 13:21
ひかり 様
こんにちは(^^)
ありがとうございます。
私は、サカハチチョウが羨ましいですが(^.^)

ヒョウモン系の蝶が草だらけの湿地の上を飛んでて、たまたま1頭ネットインしたのが、このウラギンスジでした。まさに偶然です(^_^;)他に2〜3頭ネットインしましたが、ツマグロばかりでした。
種類がわからず、図鑑とにらめっこし、オオウラギンスジかウラギンスジで悩みましたが、前翅の形がウラギンスジなので、同定しました。
私は、ミドリヒョウモンやメスグロヒョウモンには、いつでも会えると思いつつ、まだ会えてません(^_^;)
来年は、もうちょっと、地元から離れて採集範囲を広げようと考えています。
Commented by ひかり at 2017-10-23 19:14 x
サカハチは山地の渓流沿いがヒントになると思います。ミドリはやや山地性、メスグロは平地の雑木林の林縁からやや山地というイメージでしょうか。私の通う三重の産地では、ツマグロ→ウラギン→メスグロ→ミドリ→オオウラギンスジの順に発生しています。

ウラギンスジ、兵庫南部の播磨地域の湿地草原地帯が確実な棲息域と聞いています。ただし、同地はヒメヒカゲの保全が行われていることも多く、余計なトラブル回避の観点からも探索していません。別の場所を探すつもりです。長文失礼しました。
Commented at 2017-10-24 13:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by adadamusi | 2017-07-26 13:03 | ウラギンスジヒョウモン | Comments(4)