人気ブログランキング |

わからん。。。

う〜ん、ヒョウモン類がよくわからない。見分け方とかじゃなく、習性というか、活動時間帯というか。
雑木林の中の、開けた明るい場所に突然現れる。
メスグロもウラギンスジも10時から10時30頃に、突然現れた。
今日は別の場所だが、同じ様な環境の場所で、同じ様な時間帯に、たぶんミドリヒョウモンやと思うんやけど、やっぱり突然現れた。
どこから飛んでくるのか。。。どこに潜んでいるのか。。。
突然現れるので、目撃できるかどうかが、運しだいという。1頭目撃できて、採集もできたら超ラッキーという、なかなか効率が悪いですが、その分、採集できた時の喜びは大きいです。
探索を続けよう。

今年初目撃したルリタテハ。1頭採集し、お持ち帰りしました。

a0361610_21135761.jpg

Commented by ひかり at 2018-06-22 18:39 x
こんばんは。蝶探しは私の場合、マクロとミクロの目の組み合わせです。その土地一帯がどういう環境なのかが、マクロの目。光と影の境界がどこにあるか、その蝶が飛び回れる空間があるか、花がどこに咲いてるか、樹の種類や生えている密度はどうか。前者は地図やネット情報でなんとなく掴めますが、後者は自分の経験に基づいた勘が頼りです。

記事のヒョウモン類なら、「雑木林(多少の植林可)周辺の草地、耕作地、山の中腹の開けた場所、7月なら♂は山頂付近」でしょうか。

ご参考になれば幸いです。長文失礼しました。
Commented by adadamusi at 2018-06-22 22:22
ひかり 様
コメントありがとうございます。
マクロとミクロの目の組み合わせですか。マクロでの環境把握は、地図でだいたい見当はつけて、現地に行くんですが、実際、現地に着いてからのミクロの目が、私にはまだ無いに等しいです。
地道に通って、経験を重ねていくしかないですね。
蝶が飛び回れる空間を探し出すのさえ、ヒーヒー言うてます(^o^;)
目的の蝶に出会えなくても、周辺の環境を観察できたことが収穫と思えるようになってきました。

by adadamusi | 2018-06-17 22:00 | ルリタテハ | Comments(2)