人気ブログランキング |

汗だくのなか、ホソバセセリに出会えた。

オオムラサキを探索しに行こうと、朝5時に起床。
しかし、身体がダルい。。。
運転して、探索する体力に自信が無いなぁ。。。

予定を変更して、メスグロヒョウモン♂を採集した場所へ。
山頂まで登ってみることにした。2回目の登頂ですが、暑くて暑くて、汗だくですわ。道中、ピカピカのダイミョウセセリに出会うが、採れたのはボロの個体。。。
山頂付近の登山道で、ホソバセセリ1頭採集。付近を探索するも、この1頭のみしか出会えず。
山頂は。。。ツマグロヒョウモンが飛んでました。

帰りに、ゴマダラチョウの樹に寄って、1頭採集。

ホソバセセリを採集できたのが唯一の救いでした。


ポツンと1頭だけ葉上にいた個体。

a0361610_13543618.jpg


裏展翅にしました。

a0361610_13551392.jpg



今月中には、オオムラサキの探索に行きたいが、どうかなぁ。。。今月末くらいやと、もう遅いかなぁ。
Commented by ひかり at 2018-07-13 21:43 x
こんばんは。ホソバセセリよいですね。なんというか、ある程度ススキがある里山的環境にいる蝶ですが、あちこちいるものの数は多いものではないとの認識です。

オオムラサキはいると思います。♂は飛びふるしているでしょうが、♀はまだきれいななず。♀はテリははりませんが、山の中腹から頂上の山道の高所を直線的に飛ぶ姿を目にします。短いさおなら、真昼間は意外と低く飛ぶので狙い目です。あとは樹液でしょうか。

運転が大変でしたら、公共交通機関+ひたすら歩きもよいかもです。私の探索はほぼ全てこれです。帰りの電車で爆睡できるのが利点です。

長文失礼いたしました。

Commented by adadamusi at 2018-07-13 22:08
ひかり 様
コメントありがとうございます。
ホソバセセリの翅裏、良いですよね。この蝶、ポツンといて、同じ場所に他のホソバセセリは全くでした。いるかなと思って登山した結果、出会えてホントにラッキーでした。

オオムラサキ、やはり♂はボロの可能性があるんですね。でもまだ、いるのなら目撃だけでもできれば。じっくりと観察したい。
樹液でと考えてましたが、昼間は低く飛ぶこともあるんですね。

移動時間より、探索する時間を増やしたいので、ちょっと公共交通機関も考えてまして。。。オオムラサキを探索しようと考えてる場所が、駅からアクセスしやすいんです。
ただ、電車なら2時間ちょっとかかり、車なら1時間30分なんで、どうするか悩んでます。
今月、なんとかオオムラサキ探索に行けたらと考えてます。
いつも、ありがとうございます。
by adadamusi | 2018-07-13 19:00 | ホソバセセリ | Comments(2)