人気ブログランキング |

まだウラギンスジヒョウモンの雌がいた。

兵庫県西部へ行った翌日、ツマグロキチョウを探索へ。
キチョウがたくさん飛んでる。
ネットインして、確認の繰り返し。。。疲れる。。。ネットインした個体は全て、キチョウでした。夏型と秋型が混在している。

少し探索を続けると、ヒョウモン類が1頭飛んできた。遠くから翅裏が確認できた。ここには、オオウラギンスジはいないので、ウラギンスジだろうと判断。丈の高い草地に慎重に入って、近付いていく。足場は悪いし最悪や。網を振るというより、慎重に近付けて横から被せて網をひねった。と、同時に仰向けに転けた(笑)リュックが無かったら、背中を痛めるとこやったわ。。。
ネット内には、しっかりウラギンスジヒョウモンが確認できた。。。が。。。ボロボロの個体。転けてまでして採った個体なので、しっかりお持ち帰り。
あともう1頭目撃し、ネットインに成功。しかし、ボロボロの個体や。。。
粘りに粘ったが、もう現れなかった。
6月に♂を採集した場所と、全然違うやん。来年は、この場所でキレイな♀を採ろう。

帰りに、ナガサキアゲハの雌雄が仲良く見送ってくれました。
キチョウとキタテハが多い場所。
結局、ツマグロキチョウは見つかりませんでした。


ウラギンスジヒョウモン♀2頭、コムラサキ1頭、キタテハ1頭の成果でした。


転けてまでして採ったウラギンスジヒョウモン♀

a0361610_17191391.jpg


左後翅が大破して、ボロボロですが宝物になりそうです。

a0361610_17213942.jpg



コムラサキ

a0361610_15064163.jpg



キタテハ

a0361610_15142825.jpg

by adadamusi | 2018-10-16 18:00 | ウラギンスジヒョウモン