人気ブログランキング |

全集中。

台風前の曇り。雨は降る気配がなさそうなので、ヒョウモン類探索へ行ってきた。

風が強く、気温も低いため、蝶がいない。
そんな状況で、風が遮られる付近があり、アゲハがやってきた。
a0361610_16304124.jpg

また、セセリ類も目撃でき、キマダラセセリの姿も見られた。
a0361610_16320311.jpg


しかし、お目当てのヒョウモン類がいない。
別の場所へ。昨年、メスグロヒョウモンを採集した場所。

到着すると、クロアゲハ雌雄の吸蜜姿が目撃できた。しかし、風が強い。風を遮る場所ではないため、網は振れない。とにかく風が強いのだ。
ウロウロしていると、赤いタテハ類が素早く飛んだ。
「アカタテハや!」
この辺りでは、アカタテハは発生しているが、数はそんなに多くなく、越冬明け個体くらいしか、なかなか目撃できない。

飛んだアカタテハを探すと、強い風が吹く中、葉に必死に止まっていた。
「今しかない!」

〜全集中 水の呼吸 拾壱の型 凪〜

強風を凪いで、網を振り抜く。ネット内には、アカタテハがパタパタしていた。至福の時。

キレイな個体のアカタテハ。
a0361610_16433112.jpg


なかなか目撃できないので嬉しい。
a0361610_16443197.jpg


アカタテハ採集後、オレンジ色が強風に流された。
「ヒョウモン類か?」
確認に行くと、メスグロヒョウモンの♂。昨年、多くのメスグロヒョウモンに出会えたが、今年は♂に出会うのは初めて。

〜全集中 風の呼吸 壱の型 塵旋風・削ぎ〜

メスグロヒョウモン♂をネットイン。しかし、やはりボロ個体。今年初なので、お持ち帰りしました。

メスグロヒョウモン♂
a0361610_16513903.jpg


破損個体だが、大切に標本にしよう。
a0361610_16523968.jpg


アカタテハ1頭、メスグロヒョウモン♂1頭の成果でした。
とにかく、アカタテハのキレイな個体を採集できたのが、非常に嬉しい。
by adadamusi | 2019-09-21 17:30 | アカタテハ | Comments(0)